wimax 屋内

WiMAXサービスを固定回線のように室内利用する事は可能?

WiMAXサービスはモバイルインターネットサービスの一種です。
それでいて、割と速度制限の規制も厳しくないので、そこが人気の秘密だったりします。



そうなると気になって来るのが、WiMAXサービスを屋内で固定回線のようにして利用する事は出来ないのかと言う部分です。
基本は屋内で固定回線のように利用しておいて、たまに外に持ち出してモバイルインターネットとしてWiMAXを利用する。
そう言う意図にも対応してくれれば、非常に便利だと思いませんか?



WiMAXを外に持ち出して利用する



結論から言うと、WiMAXサービスを固定回線のように利用する事は可能です。
どこでも利用出来るインターネットサービスですから、当然と言えば当然な訳ですが。



私も実際に、このようにWiMAXサービスを利用している1人です。
そして、実際に利用してみて気付いたメリットもあります。



利用していて気付いたメリット



それが、回線工事が不要だと言う点のメリットです。
WiMAXサービスを利用するまでは光回線を利用していましたので、なおさらそれに気付く事が出来ました。



これから、WiMAXサービスが回線工事不要と言う事によって得られるメリットについてご紹介します。

回線工事がある事によるデメリットとは?

光回線の場合、申し込み手続きを行って実際にインターネットが利用出来るようになるまでには、数週間の期間が空きます
その間、回線工事の手配が行われ、作業員のスケジュールに合わせて回線工事日が決められます。
そして、回線工事が終わるまではインターネットを利用する事が出来ません



インターネットが開通するまでの期間が長い



一応、この期間中のタイムラグを埋める為にモバイルルーターを貸し出すところもあります。
WiMAXを始めとするモバイルインターネットサービスであれば、モバイルルーターが届いた時点からインターネットを始める事が出来ます



ただ、光回線の回線工事が終わったら、そのモバイルルーターは返却をしなければならなくなる訳です。
それまではインターネットを持ち歩く事が出来ると言う利便性を味わっていたのに、急に、自宅でしかインターネットを利用出来ないような環境になる訳です。
そして、その時に、光回線じゃなくてモバイルインターネットサービスに申込んでおけば良かったと後悔する訳です。



自宅でしかインターネットが利用出来ず



また、光回線の回線工事を行う場合、その建物が賃貸なら大家に許可を貰う必要があります。
回線工事は、場合によっては壁に穴を空ける必要性が出て来ます。
ですので、無許可で回線工事を行う事は出来ません



しかも、その後引っ越す事になった場合には、引っ越す度に回線工事が必要となって来ます。



引っ越す度に工事が必要



回線工事は、当然ながら無料ではありません
数万円の回線工事費が、分割で月額料金に上乗せされます。



回線工事が必要な光回線の場合、こう言ったデメリットがあります。
一方、WiMAXには回線工事が必要ありません
ですので、こう言ったデメリットは一切ありません



WiMAXなら回線工事が不要



便利で手軽に、そして安くインターネットを利用する事が出来ると言う部分が、WiMAXサービスのメリットと言えるでしょう。



↓UQ WiMAXサービスの詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

厳しい速度制限が適用されないように気を付けるべきポイントとは?

ご紹介して来たWiMAXサービスですが、固定回線のように利用する為には、いくつかポイントを抑えておく必要があります
と言うのも、WiMAXサービスには速度制限がない訳ではありません。
ですので、厳しい速度制限が適用されないように気を付けるべきポイントがあるのです。



WiMAXサービスを利用する上でのポイント



とは言っても、ポイントとして押さえておくべき部分はたったの3つだけです。



  • WiMAXサービスを申し込む際の料金プランを、UQ Flatツープラス ギガ放題プランUQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランにする。
  • ハイスピードプラスエリアモードをなるべく利用しないようにする。
  • 毎日のように沢山通信を行う方は、一度に大容量の通信を行わないように気を付ける。


WiMAXサービスの料金プランには、種類がいくつかあります。
その中でも、UQ Flatツープラス ギガ放題プランUQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランに対する速度制限の規制が、比較的緩めなのです。
ですので、固定回線としてWiMAXサービスを利用するのであれば、この2択の料金プランを選ぶ必要があります。



WiMAXサービスで選ぶべき料金プラン



WiMAXサービスには、ノーリミットモードハイスピードモードハイスピードプラスエリアモードの3種類の通信モードがあります。
ノーリミットモードは速度制限が適用されない通信モードなのですが、現行のWiMAX端末で対応しているものはありません



ハイスピードモードはWiMAX 2+通信を利用する通信モードで、メイン回線として利用される通信モードとなります。
前述したUQ Flatツープラス ギガ放題プランかUQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランで申し込み手続きを行った場合には、一部、速度制限が適用外になります。



WiMAXの3つの通信モード



一方、ハイスピードプラスエリアモードに対しては、どの料金プランでWiMAXサービスの契約を行ったとしても、普通に速度制限が適用されてしまいます。
ですから、ハイスピードプラスエリアモードの利用は出来る限り控えた方が良いのです。
ちなみに、ハイスピードプラスエリアモードに対して速度制限が適用されると、ハイスピードモードに対しても速度制限が適用されてしまいます。



3つ目の毎日のように沢山通信を行う方ですが、目安として、3日間の総通信量が3GBを超えてしまう方が対象となります。
前日までの総通信量が3GBを超えてしまうと、翌日の昼から24時間速度制限が適用されてしまうのです。



速度制限が適用される



とは言っても、こちらの速度制限はそこまで厳しいものではなく、実用レベルの通信速度は維持されます。
ただし、3台のパソコンで動画を同時に再生するなどと言う使い方には対応しておらず、動画がカクカク再生されてしまいます。

実際、どれだけWiMAXで通信を行っている?

前述したように、私は基本的にWiMAXサービスを固定回線代わりに利用しています。
使用しているWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)です。





ハイスピードプラスエリアモードに対応している点が特徴的なWiMAX端末ではあるのですが、速度制限があるので利用していません
通信モードはハイスピードモードのみを利用しています。



ですから、基本的に速度制限に悩まされる事はありません
そんな状況下で、毎月300GB以上の通信を行っています



毎月の使用通信量



毎月これだけの通信を行えている訳ですから、WiMAXサービスを固定回線代わりに利用する事が出来ると言っても、誇張表現にはならないでしょう。

今ならお得なプレゼントも!

以上、WiMAXサービスを固定回線代わりに屋内使用出来るのかどうかご紹介しました。
押さえるべきポイントはたったの3つだけですし、難しい事はなかったかと思います。



ぜひ参考にしてみて、あなたも利便性の高いインターネットライフを手に入れて下さい。



利便性の高いインターネットライフ



ちなみに、今WiMAXサービスの申し込み手続きを行うと、期間限定で商品券が貰える状況になっているようです。
私が申し込んだ時はなかったキャンペーンですから、ちょっぴりうらやましいです。



折角のキャンペーン特典ですので、キャンペーン期間中に申し込み手続きを行いたいものです。



↓UQ WiMAXの申し込み手続きはこちら↓
UQ WiMAX

 

サイトマップ